政治・経済

春の行事・観光情報を満載 安曇野市観光協会がパンフレット

 安曇野市観光協会は、今春のイベント情報や観光スポットなどを載せたパンフレット「信州安曇野・春版」を作製した。昨年までは春夏版と秋冬版の2種類だったが、今年は春版と夏版、秋冬版の3種類を作ることにした。春のみに絞ることで写真もふんだんに使うことができ、昨年の春夏版より見やすくなっている。

 パンフはA3判を二つ折りにしたサイズで、池田町観光協会の協力も得て作った。安曇野で体験できるみそ造りやワサビの花摘み、新タマネギの収穫といった春らしい催しの情報が満載だ。桜の見どころには、じてんしゃひろばや光城山(安曇野市)、山桜で知られる池田町の陸郷など8カ所を紹介した。お薦めの土産物
や、春のイベントカレンダーも載っている。
 昨年までの春夏版だと、限られたスペースに多くの情報を盛り込まなければならず、写真よりも文字が中心だった。昨年4万部を刷った春夏版を春と夏2万部ずつに分けることで、夏のイベントをまだ日程が決まっていないまま載せる必要もなくなった。夏版の完成は5月の大型連休前後を予定している。
 春版パンフは市観光協会の観光情報センターや、協会員の施設で入手できる。市外で行うPR活動の際にも配る。市観光協会の担当者は「安曇野の春を思い切り満喫してほしい」と話している。
 問い合わせは、市観光協会(電話0263・82・3133)へ。

連載・特集

もっと見る