スポーツ

新生・山雅が白星発進 J2リーグ開幕戦で愛媛に2-1で逆転勝ち

【愛媛FC―松本山雅FC】後半26分、決勝点を決めた阪野(左)と喜び合う松本山雅イレブン

 今季のサッカーJ2リーグ戦が23日、各地で開幕し、第1節の22試合を行った。松本山雅FCは、松山市のニンジニアスタジアムで愛媛FCと対戦し、2―1で逆転勝ちした。開幕戦の白星は2014年シーズン以来6年ぶり。スタンドでは約950人の山雅サポーターが声援を送り、好発進に大いに沸いた。

 松本山雅は4―4―2の布陣で臨んだ。ルヴァン杯・第1節(16日)から2人を入れ替え、センターバックに森下、FWにセルジーニョを起用した。
 互いに決め手を欠いた前半だったが、後半開始早々に相手右CKから失点した。しかし4分後、塚川からの浮き球に反応した阪野が粘ってボールを確保し、パスを受けた鈴木が決めて追い付いた。そこから攻勢を強めると、26分にセルジーニョのシュートのこぼれを鈴木が折り返し、阪野がコースを変えて決勝点をマークした。
 次節は3月1日で、ホーム開幕戦となる。アルビレックス新潟をサンプロアルウィンに迎え、午後2時キックオフとなっている。第2節の前には、26日にルヴァン杯第2節・浦和レッズ戦(埼玉スタジアム2002、午後7時半開始)がある。

連載・特集

もっと見る