教育・子育て

集大成の卒業作品披露 松本調理師製菓師専門学校

最高賞を受賞した日本料理とジオさん

 松本市白板2の松本調理師製菓師専門学校は23日、第32回卒業作品展を校内で開いた。今春に卒業予定の2年生78人がそれぞれ学んできた料理、菓子、パンの作品を出品し、学びの集大成を披露した。最高賞の理事長賞にはジオ・ユンジョンさん(40)の日本料理が輝いた。

 同校は「日本料理」「西洋料理」「中国料理」「和菓子」「洋菓子」「製パン」の6科目があり、生徒たちはそれぞれ専攻科目の作品を仕上げた。あらかじめ定められた横80センチ・奥行き60センチのスペースに、料理はもちろん皿や配置にも気を配って制作し、訪れた大勢の人が会場に並ぶ彩り豊かな作品に見入っていた。調理と製菓の2部門で計27人が入賞した。
 最高賞のジオさんの作品は、結婚式での提供を想定した懐石料理で、祝いの席を演出する小ダイの姿造りや伊勢エビの焼き物などがある。ジオさんは「結婚式がテーマなので、縁起のよいものを取り入れ、悪いものは入らないよう細かく気を配った。受賞はうれしいが、緊張でまだ実感が湧かないかも」とほほ笑んでいた。

連載・特集

もっと見る