地域の話題

市民タイムス書き初め展 入賞の秀作書いた27人表彰

市民タイムス賞と松本地区書道協会賞を受賞した皆さん

 第33回市民タイムス書き初め展(市民タイムス主催、松本地区書道協会主管)の表彰式が16日、山形村の大型商業施設・アイシティ21で行われた。応募総数2254点から選ばれた入賞作1000点のうち、最優秀賞の市民タイムス賞を受賞した小中学生7人と、松本地区書道協会賞の20人に表彰状が贈られた。

 今回の書き初め展には松本・木曽地方の幼児、小学生、中学生から応募があり、書道協会の審査員ら14人が各賞を選んだ。表彰式には市民タイムスの新保裕介社長と協会の審査員らが出席し、入賞者に表彰状と記念品を贈った。新保社長は「新しい年の始まりの希望に満ちた作品ばかり。受賞を誇りにさらに頑張ってほしい」とあいさつし、協会の秋山白鳳会長は「素晴らしい作品ばかりで選ぶのに苦労した。書道に一年間取り組んだ成果を感じた」と講評していた。
 作品は17日までアイシティ21の3階・山形ウェルアップホールで展示されている。開場時刻は午前10時から午後5時まで。

連載・特集

もっと見る