地域の話題

安曇野ふるさと遺産 NPOが2区域を認定

 安曇野市のNPO法人・安曇野ふるさとづくり応援団(宗像章代表理事)は16日、失われつつある地元の歴史文化遺産を独自に認定する「安曇野ふるさと遺産」に、数多くの屋敷林が残る新屋地区(安曇野市穂高有明)と、烏川扇状地の扇頂部に位置する岩原(同市堀金烏川)・塚原(同市穂高柏原)の両地区一帯を選んだ。穂高交流学習センター・みらいで開かれた「安曇野屋敷林フォーラム」に地元関係者を招いて認定式を行い、保全活動の支援を約束した。

 新屋は天蚕の振興とともに集落が発展し、屋敷林と本棟造りの民家が立ち並ぶ。扇頂部で稲作に苦労した岩原・塚原の一帯は堰などに利水の工夫が見られ、全国にも誇れる自然豊かな里山環境が残る。
 認定式では、安曇野ふるさとづくり応援団が、屋敷林の保全を支援する「屋敷林と歴史的まちなみプロジェクト」(場々洋介リーダー)と、岩原の地域づくり団体「岩原自然と文化を守り育てる会」(百瀬新治代表)の2団体と協定を結んだ。宗像代表理事が場々リーダー、百瀬代表と協定書を交わし、文化や景観の維持・継承に連携して取り組むことを確認した。
 安曇野ふるさと遺産の認定は昨年度に始まり、初年度は野沢・長尾地区(三郷)、潮沢地区(明科)、旧千国街道沿いの市街地(穂高)を選んだ。今回は第2弾で、宗像代表理事は「市民団体の活動を支援しながら文化遺産の保全に継続して取り組んでいきたい」と述べた。

連載・特集

もっと見る