地域の話題

新型肺炎患者県が受け入れ クルーズ船で感染の2人

 県は12日、新型コロナウイルスによる肺炎の集団感染が確認された、横浜港で検疫中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で新たに感染が確認された患者のうち2人を県内の医療機関で同日中に受け入れることを明らかにした。患者の性別や年齢、受け入れ先の医療機関は明らかにしていない。

 土屋智則健康福祉部長が県庁で記者会見を開き、発表した。土屋部長は「近隣県では十分な受け入れができない状況の中、人道的な観点から患者の受け入れを行った」と説明している。
 搬送先の医療機関は感染症指定医療機関で、適切な医療を提供でき、患者の出入り口を分けるなど感染拡大を防ぐ機能を備えているという。今後について、土屋部長は「可能な範囲内で受け入れる可能性がある」とした。

連載・特集

もっと見る