スポーツ

御嶽海元気なく3連敗 千秋楽正代と対戦

 大相撲初場所(東京・両国国技館)14日目の25日、上松町出身で西前頭2枚目の御嶽海(出羽海部屋)は、西前頭8枚目・竜電(高田川部屋)に寄り切りで敗れた。終盤で痛い3連敗を喫し7勝7敗となった。2場所ぶりの勝ち越しを懸ける千秋楽の26日は、西前頭4枚目・正代(時津風部屋)との対戦が組まれた。

 御嶽海が「長身でうまさもある」と苦手意識を抱く竜電を、今場所も攻め切れなかった。突き押しを繰り出すも、腰が沈まず圧力不足で、下からあてがってしのいだ竜電にいなされ、体を入れ替えられてしまう。胸を合わされ棒立ちとなった御嶽海は土俵際で後がなく、万事休すだった。竜電には3連敗で通算1勝5敗。
 今場所2敗の正代は千秋楽に逆転優勝を懸ける。御嶽海とは元学生横綱同士で、幕下時代からの対戦成績は9勝9敗と全くの五分だ。

連載・特集

もっと見る