地域の話題

口腔機能維持へ体操 松本市神林で歯科講和

額に手を当てて押し合い、飲み込む力を高める体操をする参加者たち

 松本市の神林地区福祉ひろばは24日、歯科講話を館内で開いた。地域住民45人が参加して、市北部保健センターの歯科衛生士・永原恵美さんから、口腔(こうくう)機能の衰えが心身の健康に影響することを聞き、口腔ケア体操も習った。