スポーツ

御嶽海勝ち越し王手 きょう松鳳山と対戦

 大相撲初場所(東京・両国国技館)11日目の22日、上松町出身で西前頭2枚目の御嶽海(出羽海部屋)は、東小結・阿炎(錣山部屋)を送り出しで破った。今場所初の3連勝で7勝目(4敗)を挙げた。来場所につながる勝ち越しまであと一番とし、12日目の23日は、東前頭7枚目・松鳳山(二所ノ関部屋)と対戦する。

 突いてははたく阿炎の猛攻をしのぎ切った。いつも通りのもろ手の突きに喉輪も織り交ぜた相手の威力に、のけ反りながらも、御嶽海の腰は崩れない。腰を浮かせて前のめりに出る阿炎の両足がそろった隙を逃さず、右に体を開き、タイミングよく送り出した。
 松鳳山とは十両、幕内通じて過去9回顔を合わせており通算5勝4敗だ。御嶽海が初優勝した平成30年7月の名古屋場所以来9場所ぶりの対戦となる。