スポーツ

山雅が初の練習試合 吉田ら新戦力が攻撃面で躍動

右サイドで存在感を示したDF吉田

 サッカーJ2松本山雅FCは18日、千葉県東金市の東金アリーナ陸上競技場で、城西国際大と練習試合を行った。今季初のフルコートゲームで、メンバーを入れ替えながら30分を3回こなした。山雅は無失点で、0―0、2―0、1―0だった。

 いずれも4―4―2の並びで戦った。昨季も所属した選手で臨んだ1回目は見せ場が少なく決め手に欠けた。新加入選手が多く顔をそろえた2回目は、18分に右CKからの2次攻撃でDF乾大知が中央から先制ゴール。終了間際には、右サイドからDF吉田将也が追加点を決めた。若手中心となった3回目は21分、FWに入った村越凱光が得点を挙げた。
 練習生を除いた28人がプレーした。杉本太郎、塚川孝輝の両MFは欠場した。
 1次キャンプでは、最終日にも練習試合が組まれている。相手は江戸川大で、45分ゲームを3回行う。