スポーツ

御嶽海貴景勝に及ばず 大相撲初場所6日目

 大相撲初場所(東京・両国国技館)6日目の17日、上松町出身で西前頭2枚目の御嶽海(出羽海部屋)は、東大関・貴景勝(千賀ノ浦部屋)に突き落としで敗れ、3敗目(3勝)を喫した。7日目の18日は、西小結・大栄翔(追手風部屋)と対戦する。

 押し合いを制したのは御嶽海だった。重心の低い貴景勝の下からの攻めにあらがいながら押し込み、たちまち土俵に追い詰める。土俵際で圧力をかけ続けるも、ここで、相手をのけぞらせていた左のど輪がはずれて体勢を崩し、回り込まれての突き落としに屈した。
 新三役の大栄翔との、十両時代を含めた対戦成績は御嶽海の6勝3敗だ。先場所は、前日の取組で痛めた右まぶたをかばうようなもろ手突きの立ち合いをあっさりとはね返されての完敗だった。