スポーツ

御嶽海2勝目星五分に きょう横綱・鶴竜戦

 大相撲初場所(東京・両国国技館)4日目の15日、上松町出身で西前頭2枚目の御嶽海(出羽海部屋)は、東前頭3枚目・玉鷲(片男波部屋)を押し出しで破り、2勝2敗とした。連敗を免れて星を再び五分に戻し、5日目の16日は西横綱・鶴竜(陸奥部屋)に、結びの一番で挑む。

 平成30年の初場所から12連勝中と合口のいい玉鷲に攻め込まれた。御嶽海は、相手の突進に対して下から攻め手を出し、再三のいなしも織り交ぜて応戦した。引き技になかなか崩れない玉鷲が前のめりで体を寄せた隙を逃さず、左に逃れて体を入れ替え、土俵際で腰高となった相手を、腕を伸ばして押し出した。玉鷲には通算21勝2敗。
 鶴竜とは昨年7月の名古屋場所以来3場所ぶりの顔合わせとなる。対戦成績は5勝7敗で、御嶽海が2連敗中だ。

連載・特集

もっと見る