政治・経済

松本市長選に新人4氏 組織固め加速

 任期満了に伴う3月8日告示、15日投開票の松本市長選挙は、百瀬氏が立候補の意思を固めたことで、いずれも無所属で新人の臥雲氏、花村氏、大月氏、百瀬氏の4人の争いとなる構図がほぼ固まった。今期での引退を表明している菅谷昭市長が大月氏支援を表明したほか、経済界や4氏が地盤とするそれぞれの地域の実力者らも支持を明確にしつつあり、前哨戦が加速している。
 前回選で落選した臥雲氏は「短期決戦の方とは心持ちが違う。(前回選からの)4年間の最後の積み上げをしっかりしたい」と話し、菅谷氏の大月氏支援は「結局は市民一人一人が選ぶこと」と淡々と受け止める。後援会長には松本深志高時代の恩師で前松商学園高校長の百瀬康雄氏が就き、相澤病院を運営する法人の相澤孝夫理事長、セイコーエプソン元会長の草間三郎氏らを顧問に据えた。  花村氏は、戦後の市長選史上最多の候補予定者が前哨戦を繰り広げる展開を「関心がより高まることにつながればいい」と歓迎する。菅谷市長は記者会見などで政策論争を期待していたことから、大月氏を支援する姿勢に「違和感がある」とする。後援会は深志高時代の恩師の斉藤金司氏や声楽家の狭間壮氏らが共同代表に就き、故和合正治元市長の長男で理学博士の和合治久氏が顧問に座る。  大月氏も4氏の激戦の見通しとなった展開を「それぞれが意見を表明することで(市民が)松本の将来を考える機会になる」と好意的に受け止める。菅谷市長の支援は「ありがたい」としつつ「私の行政経験を生かし、市政を次のステージに発展進化させたい」とする。弦楽器職人の井筒信一氏が後援会長に就き、旧波田町議会議長の田中穣二氏や前県議の下沢順一郎氏らが支援に回る。  出馬の意向を固めたばかりの百瀬氏は、11日以降の3連休に市街地交差点でつじ立ちを重ねてアピールする。正式表明は今月中を予定する。昨年4月の県議選に当選して1年もたたずに「鞍替え」となるが「市長になることで実現できる施策が多いと考えた」と理解を求める。市役所近くに後援会事務所を構える予定で、松本青年会議所のOBら若手経営者の支援を得て、つじ立ちを中心に浸透を図る。  県選挙管理委員会によると、百瀬氏が県議を辞職した場合に松本市東筑摩郡区(定数7)は欠員1となるが、公選法の規定により前回県議選の次点者の繰り上げはない。令和4年の任期満了に伴う知事選に併せて補欠選挙が実施される見通し。

連載・特集

もっと見る