地域の話題

木祖・小木曽に通所介護施設「たのし屋」オープン

 木祖村小木曽に通所介護施設「たのし屋」がオープンした。村内の福祉施設に10年余り勤務していた赤羽隆道さん(38)=塩尻市広丘郷原=が「お世話になった村民の役に立ちたい」と開設した。「子供から高齢者までが集い、交流する場にしたい」と願う。21日と22日に内覧会を開く。

 食事や入浴などの生活支援を日帰りで提供する。定員19人と、少人数制で利用者一人一人に寄り添う。要介護度1以上の認定者が対象だが、赤羽さんは「一人暮らしの高齢者も歓迎。家にいるならここで一緒に過ごしましょう」と呼び掛ける。
 木造2階建ての民家を借りて改装した。敷地内には畑や池もある。野菜作りや料理といった創作活動に力を入れるほか、「買い物に行きたい」「あそこの景色が見たい」といった要望にも応える。
 営業日は、月~金曜日の午前8時半~午後5時半。送迎対応エリアは村内のほか木曽町、塩尻市(奈良井、木曽平沢、贄川)、松本市(奈川)となる。
 内覧会は各日午前11時から午後2時までで、食事の試食(無料)のほか、子供向けに菓子のつかみ取りもある。
 赤羽さんが代表理事を務める「T'care」(ティーケア)が運営する。順次利用者の受け入れを始めている。問い合わせは、たのし屋(電話090・5572・1185)へ。

連載・特集

もっと見る