スポーツ

中信勢女子500で1、2位 県高校総体スピードスケート開幕

 県高校総合体育大会スピードスケート競技が18日、長野市のエムウェーブで開幕し、初日は男女500メートルなど5種目を行った。中信地区関係では男子1500メートルで三井晃太(都市大塩尻2年)が1分50秒83の大会新で2連覇を果たした。女子は500メートルで上條真綺(松本国際3年)が2本合計1分21秒88(1本目40秒91、2本目40秒97)で優勝、清水叶華(伊那西1年、鉢盛中出)が2本合計1分21秒96(1本目40秒95、2本目41秒01)で2位に入った。