スポーツ

松本国際全国へ意欲 サッカー部と男子バレー部

 年末年始にそれぞれ首都圏で行われる全国大会に出場する、松本国際高校のサッカー部と男子バレーボール部が18日、松本市役所に菅谷昭市長を表敬訪問した。選手たちは意気込みを語り、大舞台での飛躍を期した。

 両部の選手ら20人余りが訪れた。サッカー部の木間皓太郎副主将は「県、松本の代表として一つでも多く勝つ」と述べ、バレー部の柳田歩輝主将は「集大成として楽しみ、悔いのないよう戦い抜く」と誓った。菅谷市長は「敗れたチームを背負っていることを忘れず、正々堂々と戦ってほしい」と激励した。
 30日に開幕する第98回全国高校選手権に臨むサッカー部は、31日に和歌山工(和歌山代表)と1回戦を戦う。1月5日に始まる第72回全日本高校選手権(春高バレー)に出場する男子バレー部は第1シードで、1月6日の2回戦から登場する。