教育・子育て

園児が力いっぱい餅つき 松本の白板保育園

力いっぱい餅をつく子供たち

 師走に入り、松本市内の保育園でもちつき会が開かれている。白板保育園(児玉一恵園長、66人)は4日に行い、子供たちが昔ながらの臼ときねを使って「よいしょー、よいしょー」の掛け声とともに元気よく餅をついた。

連載・特集

もっと見る