スポーツ

御嶽海押し切れず5敗目 大相撲九州場所10日目

竜電に寄り切りで敗れた御嶽海(読売)

 大相撲九州場所(福岡国際センター)10日目の19日、上松町出身で東関脇の御嶽海(出羽海部屋)は、西前頭5枚目・竜電(高田川部屋)に寄り切りで敗れ、5敗目(5勝)を喫した。11日目の20日は、西小結・遠藤(追手風部屋)と対戦する。

 立ち合いで前に出たのは御嶽海だった。右まぶたのけがに臆することなく頭で当たり、上手を引いてがぶって一気に押し込むも、土俵際で組み止められた。逆に上手を許すと体を入れ替えられ、抵抗むなしく寄り切られた。
 御嶽海が中盤戦を5勝5敗で終えるのは6度目で、大関とりが懸かりながらも7勝8敗で負け越し、昇進が白紙に戻った昨年の九州場所以来となる。遠藤とは過去6勝4敗で、先場所は千秋楽の本割での一番を寄り切りで下し、貴景勝との優勝決定戦に進んだ。

連載・特集

もっと見る