スポーツ

春高バレー県大会 国際男子と都市大女子が全国へ

 第72回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)県大会は17日、長野市のホワイトリングで男女決勝があり、男子の松本国際、女子の都市大塩尻がそれぞれ優勝を果たした。松本国際は7年連続9回目、都市大塩尻は2年連続7回目。両校は県代表として、来年1月5日に都内で開幕する全国大会に出場する。

 松本国際は、主将の柳田を中心とする攻撃陣が地力を見せて岡谷工の挑戦を退けた。第3セットこそ、4連続ポイントを許して追いかける展開となったものの押し切った。
 都市大塩尻は、松商との中信勢対決に3―0と完勝した。中央と両サイドにボールを散らして的を絞らせず、終始優勢に戦った。松商はアタック決定率で後手を踏み、粘り切れなかった。
 全国大会は、武蔵野の森総合スポーツプラザ(調布市)が舞台となる。1月5日に開幕し、同12日に決勝を迎える。組み合わせ抽選会は12月1日に都内で開かれる。

連載・特集

もっと見る