政治・経済

松本市長選 新人・花村恵子氏が出馬表明

松本市長選への立候補を正式表明し、政策骨子を発表する花村氏

 来年3月8日告示、15日投開票の松本市長選挙に向けて、介護福祉士で元テレビ朝日記者の新人・花村恵子氏(52)=沢村2、無所属=が15日、深志3のまつもと市民芸術館で記者会見し、立候補することを正式に表明した。「希望にあふれる豊かなまちであり続けられるようにしたい」と語り、政策の骨子も明らかにした。

 「つながる、つなげる」をキーワードに掲げた。引退表明した菅谷昭市長が進める「健康寿命延伸都市・松本の創造」を「松本の宝」と評価し、多彩な文化や産業などにつなげて市政を継承・発展させるとした。
 介護現場の経験を生かして介護予防に力を入れ「介護に対する敷居を下げたい」と意欲を見せた。子育て支援に関しては「全国的にも手厚い」とする施策のさらなる充実により移住促進につなげたいとする。
 市役所庁舎については現地建て替えが「望ましい」とする。松本城と旧開智学校校舎の二つの国宝、新市庁舎、新博物館などを結びつけ、一帯を市民と観光客が回遊するエリアに発展させたいと思い描く。「多くの人の話を聞き、現場を見て政策を練りたい」とし、年明けに公約を発表する。
 花村氏は松本深志高校、上智大学文学部を卒業して平成2年にテレビ朝日に入社し、政治部記者などを務めた。25年に退社後、介護福祉施設で勤務した。

連載・特集

もっと見る