地域の話題

オーロラのある風景を写真に 木曽の畑英利さんが作品展

 木曽町福島の木曽町図書館で27日まで、天体写真家・畑英利さん(64)=木曽町新開=の写真展「アイスランド・オーロラのある風景」が開かれている。天空を舞うオーロラを、「火と氷の国」の大自然が作り出した大地の裂け目、間欠泉、滝、氷河などと一緒に捉えた写真を中心に20点が並ぶ。

 中学校の理科の教師だった畑さんは、県教育委員会の「留学制度」を利用して昭和62年から3年間、木曽観測所で働いたこともある。平成28年、木曽町の開田小学校長を最後に定年退職した後は、4年間で十数回、オーロラが安定して見やすいという春分と秋分の時期に、アイスランドを訪れて撮影に挑戦している。
 ここ4年間に撮影した作品を飾った。スローシャッターで撮影されたオーロラが、真昼のような「青空」に幻想的に浮かぶ。アイスランドは北欧の島国で、先月22日から今月6日まで現地を訪れていたという畑さんは「アイスランドの絶景とオーロラの競演を楽しんでほしい」と話している。
 17日午前10時半から、展示会場でトーク会がある。問い合わせは木曽町図書館(電話0264・23・2030)へ。

連載・特集

もっと見る