地域の話題

塩尻のワインが東京で大人気 市制60周年記念パーティー盛況

満員御礼の大盛況となったグランドワインパーティー
 塩尻市の市制施行60周年を記念した「塩尻グランドワインパーティー東京2019」が9日、東京都目黒区のホテル雅叙園東京で開かれた。750人規模のパーティーが2回に分けて開かれ、いずれもチケット完売の大盛況となった。
 午後3時からと6時からの各回とも、30分以上前から入場待ちの列ができた。会場内には14のワイナリーがブースを出し、66種類のワインの試飲を提供した。開会式で小口利幸市長は「6万7000人都市が東京でワインパーティーを開くのは無謀な挑戦かと思ったが、市が60歳を迎えて思い切ってやった。多くの人の協力で実現できた」と感謝し、俳優の辰巳琢郎さんやミスワインらと共に乾杯の音頭を取った。  来場者は記念のグラスを手にブースを巡り、ワイン談義に花を咲かせていた。塩尻志学館高校のブースを訪れた東京都大田区の会社員・橋本健史さん(36)は「高校生がこんなにおいしいワインを造っているんだと知って感動した」と話していた。  11社が出展した有料試飲ルームや、ワインセミナー、ワークショップも盛況だった。上條吉直観光課長は「これまでやってきたプロモーションの成果が出た。多くの塩尻ワインファンがいることを実感できた」と話していた。

連載・特集

もっと見る