政治・経済

安曇野で中学生議会 政策を提案

 安曇野市内の中学生が市議会議員となり、市政課題について一般質問をする「中学生議会」が4日、市役所本庁舎の市議会議場で開かれた。市内7校の2年生21人が、農業や観光の振興、高齢者福祉の向上、商店街の活性化などについて質問し、課題解決に向けた政策を提案した。

 豊科南中学校の高山咲穂さん(14)と西牧莉沙さん(14)、山口真七音君(13)は、若者に対して魅力ある観光地とするための工夫について質問した。若者が情報入手に活用しているSNS(会員制交流サイト)での発信や、芸能人によるSNSでの安曇野紹介などを提案した。
 宮澤宗弘市長は、若者に対するSNSでの情報発信について「有効な手段と考えている」と述べた。芸能人によるSNSでの発信に関しては、鎌﨑孝善商工観光部長が「市にゆかりのあるスポーツ選手の皆さんなど、協力をいただけるか今後も研究していきたい」と応じた。
 市教育委員会などは平成25年度から、若い感性を市政に生かすとともに、中学生の主権者教育を進めるため、中学生議会を行っている。リンゴ農家の担い手不足解消について質問した穂高東中学校の青木花衣さん(14)は「緊張で震えて噛んでしまった。市や市議会について考えるきっかけになった」と話していた。