地域の話題

市民タイムス・カガミ杯 少年サッカー8強決まる

 第34回市民タイムス少年サッカー新人戦・カガミカップ(市民タイムス、松本市サッカースポーツ少年団連合会主催、カガミグループ協賛)が3日、64チームが参加して、松本平広域公園陸上競技場で開幕した。初日は松本、山形両市村の8会場で1~3回戦計56試合があり、8強が出そろった。4日に決勝が行われ、王者が決まる。

 準々決勝進出を果たした中信勢は、松本山雅FC・U―11、鎌田サッカースポーツ少年団、LauleFCの3チーム。そのほか、南箕輪フットボールクラブジュニア、長野少年サッカースクール、茅野市玉川サッカースポーツ少年団、長野FCガーフJr、FCフェローズジュニアが勝ち上がった。
 大会は県内最大規模の新人戦で、小学校5年生以下で編成したチームで優勝を争う。最終日の4日は、サンプロアルウィンと隣接の芝生グラウンドに会場を移し、準々決勝以上の8試合が行われる。決勝は午後1時半にキックオフとなる。