政治・経済

安曇野市会新議長に召田氏

 安曇野市議会(定数22、欠員1)は25日、臨時会を開き、正副議長選挙を行った。議長には3期目の召田義人氏(73)=自民安曇野=が、副議長には3期目の小松芳樹氏(58)=公明党=が選ばれた。任期は令和3年10月の改選まで。

 議長選には、召田氏と4期目の平林德子氏(76)=政和会=が立候補した。投票の結果、召田氏11票、平林氏9票、無効1票で、召田氏が当選した。
 召田新議長は所信表明演説で、同日退任した小松洋一郎前議長(78)=自民安曇野=が力を入れた議会改革をさらに前進させるとし「『チーム議会』として政策提案をすること。自ら先頭に立ち進めていきたい」と決意を述べた。公平公正な議会運営を期すとして、所属会派を同日付で離脱し無会派となった。
 副議長選には小松氏一人が立候補した。投票の結果、小松氏18票、無効3票で当選した。

連載・特集

もっと見る