スポーツ

松本国際が快勝で4強 高校サッカー県大会

【松本国際-駒ケ根工】後半、球際で競り合う松本国際のMF宮嶋航。前半に先制ゴールを挙げるなど活躍した

 第98回全国高校サッカー選手権大会県大会は19日、松本平広域公園のアルウィン芝生グラウンドと球技場で準々決勝4試合を行い、中信勢は松本国際が唯一4強入りした。松本第一、都市大塩尻は、許した1点のリードが重く、涙をのんだ。
 松本国際は5ゴールを浴びせ、躍進中の駒ケ根工を一蹴した。上田西に先行された松本第一は前半のうちに追い付いたものの、後半に決勝点を許した。都市大塩尻は残り5分を切ったところで先手を取られ、そのまま逃げ切られた。
 準決勝は26日、松本市のサンプロアルウィンで行われる。カードは松本国際―長野日大、市立長野―上田西となっている。