教育・子育て

塩尻拠点・わおん自然探検隊活動10年

 塩尻市を拠点に活動するNPO法人・わおんが小中学生を対象に自然体験を提供する「わおん自然探検隊」が活動開始から10周年を迎えた。19日に記念イベントを洗馬上小曽部の柏茂会館周辺で開き、探検隊に所属する子供のほかOBやスタッフら約40人が集まって、自然の中で交流を深めこれまでの歩みを振り返った。

 前半はダッチオーブンでのピザ作りや山遊びを楽しんだ。山遊びの班は、拠点としている近くの山に登って自由に遊んだ。小雨が時折降るあいにくの天気だったが、子供たちは秘密基地を作ったり、沢を掘ってダムを作ったりと思い思いに過ごしていた。
 小学生の時に参加していた、塩尻志学館高校2年・中野雅大君(17)と池田工業高校2年・松井天歩君(16)は「山の中の探検やキャンプが楽しかった。人間関係のつくり方や社会性も身に付いたと思う」と振り返り「山の中はあまり変わっていない。機会があればまた参加したい」と笑顔を見せた。
 わおん自然探検隊は月1回程度開き、刃物の使い方やたき火の仕方なども学びながら自然に親しんでいる。10年間で延べ1200人以上の子供が参加してきた。山田勇代表(41)は「山の中での遊びは自由度が高くいろいろな挑戦ができる。自分で工夫して挑戦し、達成感を感じてほしい」と願っていた。