教育・子育て

息の合った歌や演奏披露 松川小学校で音楽会

心を一つに美しい歌声を響かせる6年生

 松川村の松川小学校(熊谷賢一校長、476人)で18日、音楽会が開かれた。学年ごとや全校で練習を重ねてきた児童たちは、元気な歌声や楽器の音色を響かせ、来場した保護者や地域住民を楽しませた。

 6年生82人は合唱組曲「アルプス讃歌」から「山へ登ろう」と「白鳥は、ことしもまた...」の2曲を三部合唱で披露し、会場から大きな拍手が送られていた。い組の縣俊宏君(11)は「皆で心を一つに全力で歌えた」と笑顔だった。
 歌に踊りやせりふを付けたオペレッタや民謡、職員による合唱奏など趣向を凝らしたステージが繰り広げられ、来場者も手拍子したり一緒に歌ったりして楽しんだ。
 生坂村の生坂小は25日、池田町の池田小は11月1日に開く。