政治・経済

塩尻市・保育園の入園電子申請 出足好調

電子申請の専用サイト

 スマートフォンやパソコンを使って保育園への入園申請手続きができる新たなサービスが17日、塩尻市で始まった。昨年度までは原則平日の日中に、入園を希望する園に必要書類を直接持ち込む必要があったが、電子手続きの導入により自宅や出先からでも24時間申請が可能になった。初日は午後5時までに107件の申請があり、深夜や早朝に手続きを済ませるケースも多くみられた。

 専用サイトに登録して必要項目を入力し、就労証明などの書類はデジタルカメラで撮影して添付する。正味20分程度で手続きが完了するという。初日は午前0時半すぎから申請が相次ぎ、市役所が開庁する午前8時半までに22件の申請があった。市こども課は「想定を上回る出足」とし、働く母親たちが仕事前に済ませるケースが少なくないとみる。
 同課によると働き方の多様化などを背景に、電子申請の導入は近年県内外で進んでいる。土日祝日も昼も夜も、場所の制約を受けずに手続きできるスタイルが広く受け入れられているようだ。受け付けた内容はシステムを介して自動登録される。昨年度までは各園で書類を取りまとめ、市職員が情報を手入力していたが負担の軽減も期待される。
 申請期間は25日午後11時59分までで市立保育園や認定こども園など市内20園が対象。希望者は紙媒体の申請も可能だ。同課担当者は「大きなトラブルなく順調に進めば来年度以降も継続したい」としている。