地域の話題

厳戒 大型台風迫る

 大型で非常に強い台風19号は11日、日本の南海上を北上した。今後、徐々に進路を北から北東へ移し、東海地方または関東地方に上陸する見込みで、県内には12日夕から深夜にかけて最も接近しそうだ。松本・木曽地方でも大雨や暴風となる恐れがあり、関係機関の担当者や住民たちは迫り来る台風への備えに追われた。

 台風19号は11日午後3時現在、八丈島(東京都)の南南西約550キロを時速25キロで北北西に向かっている。中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は70メートルで、中心から東側370キロ、西側280キロ以内を風速25メートル以上の暴風域に巻き込んでいる。今後、非常に強い勢力を保ったまま上陸して、速度を早めながら東日本から東北地方へ進む見込みだ。
 長野地方気象台によると、県の中部が12日正午から、北・南部が午後3時から、警報級の大雨と洪水、暴風が予想されている。大雨と暴風は13日未明まで、洪水の恐れも午後6時まで続きそうだ。最大瞬間風速は全県で30メートルと予想されている。12日午後6時までの24時間降水量は多い所で、中部が200ミリ、北・南部が180ミリ、さらに13日午後6時までの24時間で50~150ミリと見込まれている。
 気象台は、最新の台風情報などに留意しつつ、暴風や土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けている。

連載・特集

もっと見る