地域の話題

子供たち敬礼 鎌田小6人が一日警察署長に

一日警察署長に委嘱され、敬礼する児童たち

 安心して暮らせる地域社会の実現を推進する「全国地域安全運動」が11日に始まり、松本駅お城口前で出陣式が開かれた。鎌田小学校の6年生5人が松本署から「一日警察署長」を委嘱され、警察官の制服姿で、通り掛かる人たちに安全・防犯意識の向上を呼び掛けた。

 鎌田小学校の6年生は本年度、松本署などから地域の安全を先導する「わが家のセーフティーリーダー」に委嘱されている。今回は代表して南波勇吹君、長澤叶羽君、太田ひよりさん、蔵井若奈さん、上條和花さんが一日警察署長となり、松本署の倉科邦彦署長から1人ずつ委嘱状を受け取って、全国地域安全運動のチラシとセットになったポケットティッシュを配る啓発活動に参加した。南波君は「犯罪のないまちづくりに協力を呼び掛けたい。特に交通事故を減らしたい」と力を込めていた。
 出陣式には松本警察署や松本防犯協会連合会など、関係団体から約50人が参加し、倉科署長はあいさつで「特殊詐欺など身近な犯罪はまだまだなくならない。市民の皆さんが安心して暮らせるよう意識を高めてほしい」と呼び掛けていた。全国地域安全運動は10月20日まで行われる。

連載・特集

もっと見る