地域の話題

台風19号あす襲来 激しい雨と暴風警戒

 大型で猛烈な台風19号は、3連休の初日となる12日から翌13日にかけて、非常に強い勢力を保ったまま県内に接近する見込みだ。松本・木曽地域では10日、連休中にイベントを計画している団体の多くがイベントの中止や延期を決めた。行政は災害に備えた態勢作りに追われ、リンゴの収穫を急ぐ農家や、防災用品や食料の買い出しを急ぐ市民の姿も見られた。

 台風19号は10日午後3時現在、小笠原諸島(東京都)父島の南西海上を時速20キロで北へ進んでいる。今後は進路を次第に北東に変え、非常に強い勢力を保ったまま12日午後から13日にかけて東日本の太平洋側に接近・上陸する見込みだ。長野地方気象台によると、県内でも12日午後から13日にかけて、全県で非常に激しい雨が、中・南部を中心に暴風が予想され、果実の落果や農業施設の被害、倒木などによる停電や交通障害、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒を呼び掛けている。
 台風19号の中心気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は75メートル(最大風速55メートル)で、中心から半径240キロ以内で風速25メートル以上の暴風となっている。台風接近に伴い、県内で12日午後6時までに予想される24時間降水量は多い所で100~150ミリで、その後も13日にかけ総雨量はさらに増える見込みだ。
 長野地方気象台は10日、台風19号に関する県気象情報を発表した。今後発表する台風情報や警報、注意報、気象情報への留意を呼び掛けている。

連載・特集

もっと見る