地域の話題

松本城天守の屋根修理へ 5階北側で雨漏り

修理が行われる天守北側の屋根

 松本市の国宝松本城で今月中旬にも、天守5階北側で屋根の修理が始まる。降雨の量や風向きによって雨漏りしているためで、天守入り口付近の地上から足場を組む比較的大がかりな工事になる。工期は来年2月中旬までの予定だが、安全確保を徹底しながら天守公開やイベントなどは予定どおり行っていく。
 松本城管理事務所によると、雨漏りの原因は分かっていない。5階北側の唐破風屋根の瓦の一部を剥ぎ、原因場所を特定して修理する。「外から見ても分からないので工事しながら原因箇所を突き止める」とする。合わせて5階北側の唐破風軒部でしっくいの塗り直しもする。費用は約630万円で、工事の進み具合で完了の時期は前後するという。
 管理事務所は「不便を掛けるが天守保全のために理解いただきたい」としている。