教育・子育て

生徒手作りの料理で盛況 調理師製菓師専が文化祭

 松本市白板2の松本調理師製菓師専門学校(高嶋俊郎校長)の文化祭「味道祭」が6日、校内で開かれた。生徒たちの料理が味わえるバイキングレストランやお菓子、パンの販売があり、校内は地域住民や生徒の家族などで大盛況だった。

 調理師養成科と調理技術学科が料理を提供するバイキングレストランは和食と洋食、中華料理がずらりと並び、来場者は出来たての料理を味わった。製菓技術学科が手掛けたパンは焼きたてで、学生たちは「いらっしゃいませ」「食パンがおすすめです」などと元気よく声を掛けながら接客と調理を手際よくこなしていた。
 次女が製菓技術学科にいる塩尻市宗賀の女性(50)は「成長を感じる。将来どういう料理人になるのか楽しみ」とほほ笑んでいた。