地域の話題

時代行列の配役決まる 塩尻・奈良井で審査会

和宮役の森さん(中央)と、庭田嗣子役の吉田さん(右)、上臈役の児野さん(左)
 塩尻市の奈良井宿と木曽平沢で10月20日に行われる時代行列「皇女和宮御下向行列」で、主役の和宮役を選ぶ2次審査会が15日、奈良井公民館で行われた。29人による1次審査を通過した9人の中から、和宮役に塩尻市洗馬小学校6年の森まりやさん(11)が選ばれた。
 審査は自己紹介や個別面接を行い、米窪健一朗副市長らが審査した。森さんは「和宮のことを調べ、勇気のある人柄に憧れた」と初めて応募した。役を射止め「信じられない。ちゃんと和宮様の役になれるよう頑張りたい」と話した。このほか庭田嗣子役に東京都市大学塩尻高校2年の吉田結歩さん(17)=松本市笹賀、上臈役に木曽青峰高校3年の児野莉望さん(17)=木祖村=が選ばれた。  皇女和宮御下向行列は街道交流事業実行委員会が主催し、幕末に15歳の皇女和宮が14代将軍・徳川家茂に嫁ぐ際、江戸へ向かった大行列を再現する。