スポーツ

御嶽海が力強く6連勝 大相撲秋場所

正代(左)を押し出しで下した御嶽海(読売)

 大相撲秋場所(両国国技館)7日目の14日、上松町出身の東関脇・御嶽海(出羽海部屋)は、西前頭4枚目の正代(時津風部屋)に押し出しで勝ち、6勝1敗とした。元学生横綱同士で、成績はほぼ互角の好敵手だが、力強い攻めで6連勝を飾った。
 立ち合いで正代を突き放し、おっつけで正代の張りを防ぎながら攻め続けた。土俵際まで追い込んだが、相手の回り足で力をそがれた。すぐに体勢を立て直して相手をおっつけながら、突っ張りで押し出した。
 中日の15日は、西関脇の貴景勝(千賀ノ浦部屋)と当たる。過去の対戦成績は7勝4敗。前回は今年の夏場所で、寄り切りで御嶽海が敗れている。