地域の話題

そば祭り カウントダウン始まる 松本駅通路に告知ボード

 松本城公園を主会場に10月12~14日に開催される「第16回信州・松本そば祭り」の実行委員会は10日、松本駅東西自由通路に、開催までの日数を知らせるカウントダウンボードを設置した。松本の秋を彩るそばの祭典の開催が約1カ月後に迫る中、祭りの雰囲気が徐々に盛り上がってきた。

 ボードは、そば祭りのマスコットキャラクター「そばちょこ大名」の形をしている。吹き出し部分に開催までの日数を表示している。お城口には横断幕も同時に掲出された。
 そば祭りは、県内外のそばどころから18団体が出展して地域色豊かな手打ちそばの食べ歩きが楽しめる「全国そば祭り」をメーンイベントにしている。県内の地場産品やそば粉を使った食品などを販売する約50ブースが出展する「信州地場産市」、信州そば打ち名人戦、全麺協による段位認定大会など多彩な催しが企画されている。
 実行委事務局は「今年も多くの方を迎えられるように準備を進めたい。各地のそばを味わってもらえたら」としている。