地域の話題

安曇野で美術館巡りのチケット好評

 安曇野市観光協会が販売する「安曇野美術館めぐりチケット」の人気が高まっている。100円券が24枚つづりとなった1冊を2000円で購入でき、安曇野の美術館11館で入館料の支払いに使うことができる。昨年度の100円券の使用枚数は、取り組みを始めた平成25年度の2・87倍にまで伸びた。複数の美術館を回る観光客がお得なチケットとして購入している。

 周遊観光につなげる目的で、チケットの販売を始めた。チケットは購入した年度の決められた期間内で使うことができ、利用期間を延ばしたり、利用できる美術館を増やしたりするなど、利便性を高めてきた。ホームページでPRするほか、観光客の目に留まるよう市内の宿泊施設の客室にチラシを置くなどしている。
 市観光協会のまとめによると、平成25年度に美術館で入館料の支払いに使われた100円券は4355枚だったが、27年度は2・28倍の9939枚、30年度には2・87倍の1万2499枚となった。28年度から3年連続で1万枚を上回っているという。
 2000円で2400円分の券を買え、現金で入館料を支払うより400円分多く使える。11館の中には入館料が300円や400円の美術館もあり、チケット購入により1館多く巡れることも人気の一因とみられる。市観光協会の担当者は、「美術館が好きな人に勧めるとすぐに買ってもらえる。1人で2冊購入する人もいる」と手応えを感じている。
 チケットは市観光情報センターや安曇野スイス村、市内の宿泊施設などで購入でき、本年度は11月末まで利用できる。問い合わせは観光情報センター(電話0263・82・9363)へ。