スポーツ

松商が6季ぶり優勝 秋の高校野球中信予選

【ウェルネス―松商】松商8回1死2、3塁で、今井が左越2塁打を放つ

 第141回秋季北信越地区高校野球県大会中信予選会は8日、松本市野球場で決勝と3位決定戦、県代表残り1枠を懸けた5・6位決定戦を行った。決勝は松商がウェルネスを5-2で下し、平成28年秋以来6季ぶりの優勝を飾った。3位決定戦は都市大塩尻が延長11回に7-6でサヨナラ勝ちした。県代表残り1枠を懸けた5・6位決定戦は松本第一が美須々ケ丘との接戦を制し、5季連続で県大会出場を決めた。県大会は21日に長野五輪スタジアムなど東北信3会場で開幕し、中信勢は松商、ウェルネス、都市大塩尻、深志、木曽青峰、松本第一が出場する。組み合わせは17日に決まる。