地域の話題

ビールで乾杯!笑顔集まる 松本でサマーフェスト始まる

仲間と乾杯し、フェストを楽しむ来場者たち
 国内外のビールや料理を楽しむ野外イベント「松本サマーフェスト2019」(実行委員会主催)が29日から、松本市中心市街地の花時計公園で始まった。多彩な料理やビール、ワインなど約30の飲食ブースが設けられ、初日から大勢の来場客でにぎわった。9月9日まで。
 ドイツビールや県内外のクラフトビール、松本市内の飲食店の出店などが並び、午後6時ころにはテント内の800席がほぼ埋まった。特設ステージではアーティストが陽気な音楽を披露して会場を盛り上げた。仲間と訪れた松本市内田の看護師・百瀬綾子さん(32)は「外で飲める開放感が気持ちいい」と笑顔を見せ、出店しているブルワリーにホップを卸している安曇野市堀金烏川の農家・斉藤岳雄さん(46)は「収穫したホップがこんな形で味わえるなんて最高」と満面の笑みだった。  今年で13回目の催しで、昨年は約3万2000人が来場した。実行委員長の本木須弥留さん(36)は「これをきっかけに近くの飲食店にも足を運んでもらい、市街地の活性化につながれば」と願っていた。

連載・特集

もっと見る