スポーツ

塩尻出身の出口クリスタが世界一 世界柔道女子57㌔級で初優勝

表彰式で金メダルを胸に笑顔を見せる出口

 世界柔道選手権東京大会は27日、東京都の日本武道館で男子73㌔級と女子57㌔級を行った。中信関係では女子級に塩尻市出身でカナダ代表の出口クリスタ(日本生命、山梨学院大-松商高出)が出場し、初優勝を飾った。男女を合わせて県勢初の金メダルとなる。決勝は昨年優勝の日本代表・芳田司(コマツ)と対戦。4分間で決着がつかずにゴールデンスコア(延長戦)に突入すると、出口が返し技の谷落としで技ありを奪って勝利した。
 出口はシードで2回戦から登場し、初戦はロシア選手に送り襟絞めで一本勝ち。3回戦はセルビア選手と対戦し、巴投げで技ありを奪うと押さえ込みの合わせ技で勝利した。準々決勝はフランス選手から足車で一本を奪い、準決勝はブルガリア選手に押さえ込みで一本勝ちした。