地域の話題

笑顔誘うユニークかかし 池田で"夏祭り"

ユニークな演出が光る「かかし夏祭り」の会場
 池田町堀之内地区の田園地帯に24日、1日限りの「かかし村」が出現した。地元の住民有志が毎年この時期に、手作りのかかしを並べる「かかし夏祭り」の会場で、テーマを設定して演出するユーモラスな情景を、町内外から来た大勢の見物人が楽しんだ。
 今年は「村議会議員選挙」をテーマにした。「日本あぜ道党」の推薦を得たという「草刈まさお」など立候補者のかかしは、背広を着たり、たすきを掛けたりと凝った作りだ。ポスター掲示場も設けた。  支持者のかかし、一般村民のかかしなど、等身大の計53体が並んだ。「スズメをぶっ壊す」との主張で街頭演説に臨むかかしを見た地元の山本紗織さん(36)は「本当の人間と区別が付かない。リアリティーがあって素晴らしい」と楽しんでいた。  地元の50~70代の有志が、秋を迎えようとするこの時季に、稲刈りなど収穫への"決起大会"として行っている。首都圏など遠方から見物に来る人もいるといい、とりまとめ役の松澤範明さん(50)は「仲間同士で楽しんでいる。大勢が来てくれてうれしい」と話していた。