地域の話題

必勝誓い全国大会へ出発 松商高の軟式野球部

  兵庫県明石市などで24日に開幕する第64回全国高校軟式野球選手権大会に北信越代表で出場する松商学園高校軟式野球部の出発式が21日、同校で開かれた。臼井弘輔監督と部員26人は必勝を誓い、OB会や保護者、学校関係者らから激励を受けた。
 上條隆校長は「みんなが期待している。優勝目指して頑張って」とエールを送った。同部後援会がユニホームを新調し、土橋伊久雄後援会長が百瀬侑生主将(3年)に目録を手渡した。百瀬主将は「いい報告ができるように頑張ってくる」と力を込め、臼井監督は「感謝の気持ちを最大限に示すのは勝利。伸び伸びと笑顔で試合を楽しみたい」と抱負を語った。
 チームは京都府内で練習を行い、23日に兵庫県入りする。初戦は24日正午から姫路市のウインク球場で近畿代表の南部(和歌山)と対戦する。