地域の話題

池田町交流センターかえで 開館へ準備大詰め

完成した町交流センター

 池田町の複合文化施設「交流センターかえで」が、9月1日に開館する。工期の遅れなどで完成が当初の3月中旬から4カ月半遅れたことから、町民が完成を心待ちにしていた。少しでも早く町民に足を運んでもらおうと、町は8月下旬にかけて、センターの内覧会や町民に参加を呼び掛ける作業の機会をつくる。

 内覧会は23日午後1~3時、24日午前10時~正午と午後1~3時の3回を行う。申し込みは不要で、誰でも参加できる。開館前に、ゆっくりと内部を見学できる機会にする。
 施設に移る町図書館では、31日午後1時半~3時に行う蔵書の棚入れ作業への町民参加を呼び掛けている。作業を通じて、施設に親しみを持ってもらうきっかけをつくる。
 センターには、従来は分散していた町の公民館や福祉会館などを集約する。コンサートや式典が開けるように音響設備を整えたホール、80人が収容できる学習室、子供たちが自由に遊べるキッズルームなども設けた。
 図書館だけは蔵書の移転や配架、点検に時間がかかるため、10月25日の開館を予定する。全館がオープンした後の11月3日には、著名人を招いて記念の講演会を開く。
 町は引っ越し作業の大詰めを迎えている。幅広い世代が集い、町の活性化につながる施設運営を目指す考えで、公民館長の大澤孔生涯学習課長補佐は「大勢の皆さんに使っていただけるように準備を進める」と話している。
 31日の新図書館での作業手伝いは事前に町公民館(電話0261・97・2058)へ予約する。