教育・子育て

「エシカル消費」親子で学ぶ 県松本合庁で教室

エシカル消費について学んだ教室

 人や社会、環境に配慮した物やサービスを選んで消費する「エシカル消費」について学ぶ親子参加型の教室が21日、松本市島立の県松本合同庁舎で開かれた。約10人が参加し、クイズやゲームを交えながら、県が昨年度から推進している県版の取り組みを含めて理解を深めた。