地域の話題

高校生が料理振る舞う 松本第一高で「レストラン」

 松本第一高校食物科の生徒が18日、自分たちで調理した料理を提供する企画「高校生レストラン」を校内で行った。食物科への進学を希望する中学3年生とその家族約80人を招待し、フランス料理のコースを振る舞った。

 地元の食材を使い、高校生らしく華やかなコース料理にすることをテーマに、メニューも自分たちで考えた。信州サーモンなどを野菜で巻いた前菜、地鶏の白ワイン煮など5品があり、生徒たちは前日から仕込んだ食材を手際よく調理し、一品ずつどのような料理か説明しながら提供していた。参加者からは「おいしい」「自分も作ってみたい」などの声が聞かれた。
 10月には一般向けの企画も行う。総責任者を務めている食物科3年の腰原葵さん(18)は「来てくれた方を料理で明るく、笑顔にしたい」と話していた。