地域の話題

先祖の霊迎える炎の輪 塩尻・北小野 どんぶりや

 塩尻市北小野で13日夜、迎え盆の行事「どんぶりや」が行われた。麦わらの束に点火して振り回し先祖の霊を迎える伝統で、日没後の田んぼや集落に赤々と燃える炎の輪が浮かび上がった。

 古町、宮前、上田の各区で行った。このうち上田区では地元の小学生らが農道に並び、縄の先端についた傘状の麦わらに点火して勢いよく回した。すると夕闇の迫る田園地帯がぼんやりと照らされ、一帯が幻想的な雰囲気に包まれた。「どんぶりやーたいまつやー」とお決まりの文句をはやし立てながら見守る大人もいた。
 地元の育成会や公民館分館によると、同様の迎え火は南信地方に多く見られるが中信地方では他に例がない。両小野小6年の小野真央さん(11)は「毎年緊張するけれど大事な行事。続いてほしい」と話していた。

連載・特集

もっと見る