政治・経済

びゅうプラザ 松本駅の店舗営業終了へ

 JR東日本が駅構内で旅行商品を販売している店舗「びゅうプラザ」のうち、松本駅の店舗が9月末で営業を終える。インターネットでの旅行商品の販売や予約が台頭、増加する中、店舗窓口での売り上げが近年、落ち込んでいるのが理由といい、長野支社広報は「総合的に判断した」と説明している。

 びゅうプラザでは、列車と宿をセットにした国内ツアーを中心に販売している。ただ、JR東日本もネットへの移行を進めており、合理化のため順次、店舗数を減らしている。
 松本駅のびゅうプラザは、改札口から東西自由通路を挟んで北側にあり、現在は店頭などで営業終了を告知している。店舗の後利用についてJR東日本長野支社広報は「現時点では未定」としている。
 県内のびゅうプラザは松本駅、上田駅、長野駅の3店舗があり、上田も9月末で閉じる。長野のびゅうプラザは当面継続するという。
 10月以降に出発する商品はウェブサイトの「えきねっと」から申し込める。「びゅう予約センター」で電話でも受け付ける。店舗での申し込みを希望する人は、長野駅まで行く必要がある。

連載・特集

もっと見る