地域の話題

塩尻玄蕃まつり 市街地に活気 バブリーダンスも

 塩尻市の大門商店街で28日に開かれた第44回塩尻玄蕃まつりでは、大阪府立登美丘高校ダンス部OGらが所属するアカネキカクが、人気の「バブリーダンス」を披露するなど多彩なイベントが開かれた。多くの人が訪れ、中心市街地が活気に包まれた。

 アカネキカクは、おなじみのバブル期をほうふつとさせる衣装で登場し、荻野目洋子さんのヒット曲「ダンシング・ヒーロー」に合わせて切れのあるダンスを披露した。特設ステージ前は観客で埋め尽くされ、家族で来た会社員・田中信宇さん(38)=広丘野村=は「迫力があり格好良かった」と話していた。
 14チームが踊りを競う「コンコンダンスフェスタ」や、プロバスケットボールチーム・信州ブレイブウォリアーズの選手とのシュート対決、市内の小学生の金管バンドや太鼓連の演奏もあり、来場者は思い思いに楽しんでいた。