地域の話題

みこしまくり勇壮に 木曽・水無神社

「そうすけ!こうすけ!」の掛け声と共に勇ましくまくられるみこし

 木曽町福島の水無神社例大祭は2日目の23日、町の中心街で白木のみこしを縦横に転がす(まくる)「みこしまくり」が行われた。「天下の奇祭」と名高い祭りの最大の見せ場が大勢の見物客を湧かせていた。
 一日中雨だった初日と打って変わり、蒸し暑い陽気の中、みこしの巡行が行われ午後6時ころ、関町の国道19号付近の路上で「横まくり」が始まった。「そうすけ!こうすけ!」の小気味よい掛け声と共に、みこしの担ぎ手・枠持たち約40人が約400キロもある、毎年新調されている白木のみこしを大きな音を立てて転がしていた。
 見物していた新井麻衣子さん=木曽町福島=は「間近で見ることができ、すごい迫力があった」と話していた。